本文へジャンプ

概要

協議会概要

特定非営利活動法人にいがたデジタルコンテンツ推進協議会は、これからのコンテンツ・IT産業をリードできる人材・クリエイターの発掘とコンテンツ産業の育成・振興を目的に活動しています。 CGなどのコンテスト「にいがたデジコングランプリ」の開催の他、各種セミナー・シンポジウムの実施、企業とクリエイターのコンテンツマッチング等の事業を行っています。

構成

役員(2016年9月現在)

会長 渡辺 敏彦 NSGグループ・副代表
副会長 北村 正美 (株)日本ファシリティ・取締役相談役
専務理事 阿部 正喜 (株)第一印刷所・常務取締役
理事 明間 芳規 (株)アイ・シー・オー・常務取締役
理事 廣瀨 裕 (株)グローバルネットコア・取締役
理事 和田 裕 長岡造形大学・学長
理事 石山 真 (株)新潟日報社・広告局 局長
理事 小原 弘志 (株)新潟放送・事業局長
理事 小島 友昭 新潟コンピュータ専門学校・学校長
理事 金子 貴之 新潟高度情報専門学校・教務部教務課 課長
理事 内田 昌幸 日本アニメ・マンガ専門学校・副校長
監事 佐藤  実 さとう企画オフィス・代表

設立趣旨

2001年 
にいがたデジコングランプリ実行委員会を発足
第1回「にいがたデジコングランプリ2001」開催(以降グランプリは毎年開催)

2002年 
特定非営利活動法人登記を行い 「にいがたデジタルコンテンツ推進協議会」を設立  

活動概要

活動の目的
新潟県におけるデジタルコンテンツの表現技術の向上を図ることにより、情報技術化の推進、専門技術者の養成を目的に地域活性化、地域文化に貢献することを目的とする。

活動の種類
(1)社会教育の推進を図る活動
(2)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(3)まちづくりの推進を図る活動
(4)情報化社会の発展を図る活動
(5)科学技術の振興を図る活動
(6)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

事業
(1)「にいがたデジコングランプリ」を毎年実施するため、デジタルコンテンツ作品を募集して、審査してグランプリ を決定する。
(2)グランプリを決定するための募集、応募、審査、発表など、インターネットを活用して行ない、新潟県内の情報技術普及を図る。
(3)公式サイトのホームページでは新潟県のコンテンツ技術者のレベルアップを促進するため、情報技術に関するあらゆる情報を提供する。
(4)デジタルコンテンツに関するセミナー・講習会等を実施してデジタルコンテンツの流通促進に関する事業の普及を図る。
(5)インターネットによる通信教育を行ない、デジタルコンテンツの普及を図る。
(6)協賛各社の情報を活用して、新潟県の情報技術化の推進を行う。
(7)新潟県に関係するデジタルコンテンツにより、地域活性化のために各種の情報を提供・発信する。
(8)新潟県に関係するまちづくりに関し、情報技術化推進の相談や提案、開発、技術支援、運用支援を行う。
(9)新潟県に関係するまちづくりに関し、広報、宣伝、運用などの相談や提案、事業支援を行う。

このページの先頭へ戻る